株式会社さんひで サイトマップ
トップページ 会社概要 主要商品 お悩みごとのお手伝い キッズ お問い合わせ
キッズ
 
キッズ
お悩み事のお手伝い
野菜・果物見分け方
野菜・果物見分け方(野菜)
おいしい カブ の見分け方
葉っぱ色は、濃(こ)い緑色でなく、鮮(あざ)やかな緑色で、てりのあるものです。
1本の葉を見て、中央の太い葉脈(ようみゃく)から、左右交互に細い葉脈(ようみゃく)が出ているものです。
各葉の先に丸みがなく、とがり気味で、葉の緑のギザギザ(欠剋)の深いものです。
外側(古い葉)の色が鮮(あざ)やかな緑色でてりがあり、芯(生長点)の葉色が黄緑色のものです。
外側(古い葉)をかき取ったあとの無いものです。
カブ部 葉の付け根部分がへこみ気味で、肩部分がはっているものです。
色が白く、肌荒れ・割れ等がなく、てりのあるものです。
カブ玉の下に付いている主根の中ほどから毛細根が生えているものです。(カブ玉の部分や主根の付け根部から毛細根が着生しているものは、二次生長していて不良品)
食味 カブを生で食べて、嫌味がなく、甘みのあるものです。
その他 購入後、葉を切り落としておくと、カブの鮮度(せんど)を保てます。
調理するまでの間は、ヘタ(葉)部を上にしておくと味の変化が少なく、おいしくいただけます。
葉は栄養豊富(えいようほうふ)で、カブと一緒に漬物(つけもの)にしたり、炒(いた)めたり、湯通しして食べると美味しいです。

このページのトップへ